三十路だけど公務員辞めてきた。

30歳にして市役所を退職した元公務員のブログ。主に役所の裏側や退職について。

公務員を退職してから2ヶ月。後悔はない?【再就職やブログ状況】

退職してからの日々を振り返って。

本当にあっという間で、公務員を退職してから2ヶ月、ブログを始めてから3ヶ月が経過していました。
私が退職した季節は、災害にも指定されるような厳しい暑さの日々でした。

今では朝夕はめっきり涼しくなりましたが、あの暑さと日差しに包まれていた日々が、ついこの間のようです。

退職してからの気持ちの移り変わり、ブログを通して得られた数々の気付き、

公務員を退職して後悔していないか、といった諸々を振り返ります。

転職・再就職活動の状況

f:id:London-airp:20181104212203j:plain
就職活動については、もっと早めに動いていれば良かったかなと思っています。

元々どうせ年度途中に辞めるなら、しばらくの間スキルや資格を身に付ける事に時間を費やすかという気持ちでした。

しかし職業訓練を受けようとハローワークへ行ったとき、自らの就労に対する意識の甘さを自覚させられました。


先日も転職エージェントを転職サイトと間違えて登録するという初歩的な間違いをしてしまいましたしね。
急に電話が掛かってきてビックリしました。


「試験勉強があるから」という理由で勉強とブログばっかりやってきましたが、家に閉じこもっていばかりいないでハローワークぐらいもっと早めに行くべきだったと思っています。

ブログを通して得られた気付きと経験

ブログを始めて承認欲求の怖さを知った。

f:id:London-airp:20181104212626j:plain
ブログを始める前は、グーグルアドセンスやアフィリエイトによる収益が目当てでした。
いわゆる「プロブロガー」やアフィリエイターに憧れていた部分もあります。

しかし始めてみると、気になるのは読者数PV自分の書いた記事の検索順位などでした。

自分の好きなことを書いているから、そもそもアフィリエイターではありませんが。

以前の自分なら「インスタ映え()」と思ってバカにしていましたが、自分で体験してみて承認欲求の怖さを知りました

まさか自分が中高生のように、承認欲求で悶々とするなんて...。

SNSやブログで発信する場合、承認欲求という怪物を上手く飼いならす心や術(すべ)が必要です。

数値を意識する日々

ありとあらゆるブログ本に書かれている「他人と比べるな」の有り難いフレーズ。

無理です。どうしても比べてしまいます。慈悲に溢れる有り難いお言葉を頂戴しておきながら、その禁を破ってしまいます。そして自分を責めます。もはや救いようの無いマゾです。

正直なところ、働いていた時よりも数値を意識していると思います。かつてはそんな余裕もなかったのですが。

現状の問題点です。
・投稿数が少ない
・言いたいことを言ってるだけの記事が多い。
・SEO対策が不十分

投稿数が少ないことを言い訳にしていますが、世の中には記事数が少なくとも検索流入を確保してPVをしっかり確保しているブログもあります。

ということは記事内容やSEOに何か問題があるのでしょうか?

記事内容は...、言いたいことや不平不満、その場の思い付きを無理やり文章化したような記事が少なくないですね。

後から読み返していて辛くなります。
 
SEOについては、キーワードツールやアナリティクスがイマイチ活用できてないです。

せめてタイトルだけでも考えようか。

「ブログ」を継続していると、自分と向き合うことになる。

資格試験を理由にブログをサボった禁じた期間、手は動かせなくてもブログに関する考えだけは不規則に頭の中を駆け巡っていました。

そうした中で気付いたことが一つあります。

私は「公務員」というだけで世間や周囲からステレオタイプ的に見られるのがイヤだったのに、いざ自分自身がブログを通して発信する立場になったとき、「公務員を退職した」という記号に頼り切ってなかったか、ということです。


きっとこのブログを読んでくださった方にとっても、私がどういう人物か分かりづらかったのではないかと思います。

かといって、むやみに個人を特定できるような情報や記号はブログに載せるべきではありません。

あくまで自分の体験やその時の気持ちを表現することで、自分という人間を少しでも理解していただく。

それが、今後の課題になりました。

いったんブログにのめり込むと、ブログを通じて自分と向き合うことを余儀なくされます。

自分がどのような記事を書くべきなのか、本当に投稿したい記事はどういった記事なのか、それは考えるより先に手を動かした方が早いかも知れない。

身バレ? 正直、ブログを辞めようかと思いました。

f:id:London-airp:20181104212344j:plain
ブログ界隈では「魔の3ヶ月」と言って、大半のブロガーさんが3ヶ月経たない内にフェードアウトするそうです。

以前(8月頃?)、我らがイケハヤ尊師がツイッターで同じような内容を呟いたとき、案の定ボロクソに叩かれていました。

みんな同じことを言っているのに何故かイケハヤさんだけ叩かれるなんて...。ほんと、オイシイ立場だなこの人。

私も試験勉強や肩の痛みを言い訳にして記事の更新をサボっていたので、「3ヶ月継続したぞ!」と胸を張っては言えないと思います。


そんな中、過去記事において個人情報が特定出来る状態であったことが判明しました。

同じ時期に(このブログにしては)PV数が上昇していたので、本気でビビってブログを辞めようかと考えました。

今では問題のページは修正し、PV上昇のおおよその原因も特定出来たので、精神的にもだいぶ落ち着いています

ストレス(?)で肩まで痛くなって、自分にとっては大騒ぎでした。

個人情報のUPに気付いたら

個人情報を特定できる要素として画像や写真があります。

もしアップした画像に余計な情報が含まれたいた場合は画像をブログから削除するのはもちろんのこと、その画像をうっかりサムネイルにしてないかどうかも確認してください。

また、ブログ村のようなサービスでは、記事に使用した画像がグループで共有されます。
ブログ村の場合、「マイページ」⇒「〇〇さんの新着記事画像」⇒「記事画像メンテナンス」から好ましくない画像は「非表示」にしましょう。

今後の予定

溜まっている下書きの書き上げ

アイデアや見出しは思い付いても、一部だけ書いて下書きに放置したままの記事がたくさんあります。
その内、唐突に昔の記事の続編を投稿するかと思います 笑。

過去の記事を読み直してリライト

恥ずかしい内容の記事や異常なテンションで書き上げた記事、取り敢えず更新するために投稿したような記事がけっこうあるので、一つ一つ手直しが必要です。

しかしこの作業は、モチベ―ションや意欲が保ち辛いですね。

見るに堪えない記事を一つ一つ見直すのも苦痛ですが、投稿しても記事数が増える訳ではないからです

せめて、見出しの訂正や目次の追加だけはやっておかねば。

オピニオン記事なんて正に恥ずかしい限りですね。無職が偉そうな口調で世の中のアレコレについて好き勝手述べていて、もはや記事というよりポルノです。

素人にオピニオン記事は向かない」という格言の意味を、身を持って知りました。

けれど、こういう体験を実際に得られるのもブログのいいところです。

公務員を辞めて後悔はない?

f:id:London-airp:20181104212257j:plain
平穏無事に過ごしているので、時々つまらないことでビビったりする日ですが、後悔自体はないです。

ここまで十分な時間が無いと、自分と向き合えないままガムシャラに突っ走っていたでしょう。学生時代依頼、久々の長期休暇です。

もしかすると、ただダラダラ過ごしていた大学の夏休みよりも充実しているかも知れません。

退職金もたくさん貰えたとは言えないし、公務員だったので失業給付金もありませんが、就職活動を継続するだけの貯金や余裕はあります。

退職する際、多くの方から応援する形で送り出して頂いたので、その行為に恥じぬよう生きていきます。