三十路だけど公務員辞めてきた。

30歳にして市役所を退職した元公務員のブログ。主に役所の裏側や退職について。

スマホ上で自動追尾するアドセンス モバイル アンカー広告の設置方法

人はそれを「モバイル アンカー広告」と呼ぶんだぜ。

f:id:London-airp:20181106110231j:plain
グーグル自動広告の「アンカー広告」が上手く扱えるようになったので、記事立てしてしまいました。

ブログをタブレットやスマホで見ていると、画面の上から「…シュッ…‼」と飛び出して来て、画面をスクロールさせても追尾してくるアドセンス広告がありませんか?

あれがグーグルアドセンスの自動広告の1つ、「モバイル アンカー広告」です。

f:id:London-airp:20181105204726j:plain

ちょうど上の画像の赤線で囲まれた部分です。

始めて見たとき、そのあまりのカッコよさに「どうやって取り付けるんだ。」とシビレました。

また、「ひとかどのブロガーさんはみな、このカッコイイ広告を設置している。」という気がしたので、ぜひとも自分のブログにも取り付けたい気持ちになり、設置方法を調べました。

取り付けは広告ユニット・・・からじゃない!?

「アンカー広告」は2018年の2月か3月頃までは、「ページ単位の広告」という広告ユニットでした。

それが今では自動広告の一種として機能しています。

「アンカー広告」という固有名詞がはっきりしてから設置方法について調べたのですが、「アドセンス アンカー広告 設置」などで検索を掛けると、

未だに「ページ単位の広告」だった頃のアンカー広告の設置方法について書かれた記事が上位表示されます

それらの内容によると、「広告ユニット」と「広告掲載率」の間にある「ページ単位の広告」という箇所をクリックして設定を始めるのだとか。

f:id:London-airp:20181105214146j:plain
何を言っているかお分かり頂けるだろうか...。このイラストのように幻のページが存在すると言い張るのである。

実際にはグーグルの公式見解により、そんなものはもうこの世に存在しません。

ページ単位の広告を自動広告に移行する - AdSense ヘルプ


自動広告への移行について知らなかった私は、画面の前にいつまで経っても表示されない「ページ単位の広告」を待ちわびて焦燥感に駆られました。

もしかしたら「ページ単位の広告」が表示されるためにはPV数や発生した報酬といった条件があり、ある一定のレベルのブロガーにしか扱えないのでは?

というありもしない妄想を掻き立てられ、「アンカー広告 条」件」などで検索を掛けてしまいました。そんなものある訳ないのに。

アンカー広告は「自動広告」から設定する

自動広告の開始

実際には、グーグルアドセンスにさえ合格していれば、誰でも利用できるサービスです。

1.「広告」⇒「自動広告」をクリック。
f:id:London-airp:20181105202933p:plain

2.「広告を自動的かつ効果的に配置する」の画面になるので、「開始する」をクリック。
f:id:London-airp:20181105202949p:plain

ここで次のステップに移るまで一呼吸。自動広告が設定できるようになるまでしばらく待ちます。

単に気付かなかっただけかも知れませんが、私の場合は半日ぐらい掛かった気がします。

自動広告を設定

① URLの選択

f:id:London-airp:20181105203012p:plain
f:id:London-airp:20181105203021p:plain
新しいURLの所に、広告を載せたいブログのURLをコピー&ペースト。


f:id:London-airp:20181105203038p:plain
チェックを付けて「次へ」を押して工程②へ。

②広告設定の選択

自動広告の種類は多々ありますが、アンカー広告は「オーバーレイ広告」の一種です。
該当する箇所を右へ⇒クリック。

モバイル全画面広告は、スマホでページを開いた際のロード中に表示される広告なのですが、広告が画面に占める割合が大き過ぎてあまり印象はよくないかも...。
f:id:London-airp:20181105203050p:plain
「次へ」を押して工程③へ。

③確認

f:id:London-airp:20181105203234p:plain
「URLグループ名」はブログの名前でも「スマホ表示」でもなんでもOKです。

サイトにアドセンスコードを設置(「はてなブログ」の場合)

さて、自動広告とは言っても、実際にアンカー広告を自分のブログに設置させるためにはもう一手間が必要です。

それは、アンカー広告のコードをコピペしてHTML部に記入することです。そういった部分は広告ユニットと似ています。

自動広告ページの「自動広告の設定」という部分をクリックすると、コードが表示されます。
f:id:London-airp:20181105203247p:plain

貼り付け先は「ダッシュボード」の「デザイン」⇒「スパナマーク」or「スマホマーク」⇒「ヘッダ」のタイトル下、「フッタ」、あるいは「記事上」、「記事下」です。

これらのどこにコードをコピーしても、ブログの記事画面を開いたときに上から「…シュッ…‼」とアンカー広告が降りてきます。

気を付けるべきは、「スパナマーク」と「スマホマーク」のそれぞれのhtml記入部分を間違えないことです。

タブレットへの反映

「スパナマーク」以下の「ヘッダ」や「フッタ」にコードを記入した場合は、タブレットにアンカー広告が表示されます。
f:id:London-airp:20181106105138p:plain

スマホへの反映

「スマホマーク」以下の「ヘッダ」や「フッタ」にコードを記入した場合は、スマホでブログ記事を見たときにアンカー広告が表示されます。
f:id:London-airp:20181106105203j:plain

スマホのデザイン設定を「PCと同じHTMLを表示する」としていた場合は、「スパナマーク」以下のhtmlにさえ記入しておけば、スマホにも反映されます。


<関連記事>
www.taishoku-koumuin.com