三十路だけど公務員辞めてきた。

30歳にして市役所を退職した元公務員のブログ。主に役所の裏側や退職について。

【はてな初心者向け】カスタムURLは早めに設定。URLが記事タイトルそのままは絶対ダメ!!

カスタムURLとは

 この部分です。
f:id:London-airp:20181029171224p:plain 

 デフォルト(「記事URL」の設定で「タイトル: 記事のタイトルがURLになります」を選択した場合)では、下のように作成日と記事タイトルを組み合わせた形になっています

https://www.taishoku-koumuin.com/entry/2018/08/24/公務員退職を決めてから②_~どうやって退職を切”

 デフォルトの記事アドレスは以下の設定手順で変更できます。
 「設定」⇒「詳細設定」⇒(下にスクロールして)記事URL。
f:id:London-airp:20181104112609j:plain
f:id:London-airp:20181104112617j:plain

 はてなユーザーの多くは自分でカスタムURLを設定されている方が殆どかと思われますが、私はブログを始めてからしばらくの間はカスタムURL機能を利用していませんでした。

 この前確認したら、9月の下旬に記事を書いた時点でまだカスタムURLを設定していなかったという...。

 もう、マヂ無理・・・。何やってんの過去のオレ・・・(´・ω・`)

何故設定しておいた方が良いか?

 単純にアドレスが短くなり、アドレスの末尾を見ただけでどの記事かを判別しやすくなります。

https://www.taishoku-koumuin.com/entry/2018/08/24/公務員退職を決めてから②_~どうやって退職を切”

 また、上記アドレスのリンク先をクリックしていただけると分かるのですが、アドレスに日本語が含まれていると、
f:id:London-airp:20181029171307j:plain
 『Entry is not found』。このような結果になってしまいます。

 先日ツイッターで、新米パパ(@i0dXEuaVLYXL8bQ)さんという方によるブログ記事を紹介してくれるという企画がありました。

 参加させて頂いたとき、本ブログの記事を貼り付けたらこうなってしまったんです。

 リンク先URLが途中で切れてしまっています。リンク先をクリックしても結果はもちろん『Not found』でした。

 リンク先に記事を正しく表示するために、泣く泣く元記事のURLを変更しました。これってSEO的に良くないんですよね。

 そのURLの変更にしても、リンク先はtaishoku-koumuin.com/entry/2018/07/30/30 …かと思ったら実際にはhttps://www.taishoku-koumuin.com/entry/2018/07/30/30
だったりと、すんなり上手くはいきませんでした。

 カスタムURLを最初から設定していないと、こういった弊害もあります。
 
 こういう状態では、せっかく誰かが記事を「お気に入り」やブックマークしてくれていたとしても、クリックしたときにリンク先に表示されなくなってしまいます。

カスタムURLの設定方法と決め方

f:id:London-airp:20181029171338j:plain
 設定方法は、ブログの記事を書く場面の右端サイドバーにある歯車マーク(編集オプション)を押し、カスタムURLの部分に好みの単語を2,3個入力するだけです。ハイフン(-)が使用できますので、単語の間の繋ぎに使うとよいでしょう。

 writing-thankyou-letterのような英語でも良いですし、yazyu-senpaiのように日本語のローマ字綴りでも良いでしょう。

 私は3個以上の単語をハイフン(-)で繋いで設定していることが多いです。人によっては、日付はそのまま残してその後ろに記事に関わりの深い単語2、3個を付け足している人もいます。