三十路だけど公務員辞めてきた。

30歳にして市役所を退職した元公務員のブログ。主に役所の裏側や退職について。

Googleアドセンス審査突破の道① ~お問い合わせフォームの作り方~

「お問い合わせフォーム」自体はGoogleアドセンス審査において必須事項では無いようですが、「見やすいホームページ」を意識することでgoogleにより評価されるなら、早めに作るに越したことはありません。

 手順①.Googleフォームで「お問い合わせフォーム」の作成

 手順②.固定ページに「お問い合わせフォーム」のコードの埋め込み

 これだけでできます!

手順①.Googleフォームで「お問い合わせフォーム」の作成

www.tssb26.com

お問い合わせフォームの作成方法は、主にこの記事を参考にさせて頂きました。

Googleフォームの探し方に関しては、「Googleフォーム」で検索すれば上位に表示されると思います。

Google フォーム - アンケートを作成、分析できる無料サービス

f:id:London-airp:20180906223254p:plain

 

では早速、「Googleフォームを使う」をクリックしましょう。

f:id:London-airp:20180906223653p:plain

既に、雛形の様なものがいくつか備えてあります。

一番左の「空白」を選んで一から作るのも良いですが、ある程度フォームが似ていそうな「連絡先情報」のタイトルを「お問い合わせフォーム」に変えて使用しました。

詳しい編集や操作の仕方は、参考にしたリンク先に譲ります。

手順②.固定ページに「お問い合わせフォーム」のコードの埋め込み

はてなProに加入している方なら、固定ページでつくることをお勧めします。

固定ページは「お問い合わせ」や「プロフィール」、「プライバシーポリシー」など、他の記事とは少し性格が異なるフォームの作成に適しています。

staff.hatenablog.com

私は一度、通常の「記事を書く」から新規投稿記事として「お問い合わせフォーム」を作ってしまったので、読者登録してくださっている方には通知が行ってしまいました( ゚Д゚;) 

 

 さて、下のように「お問い合わせフォーム」の形が出来たら、画面右上の「送信」を押します。どこかに送信される訳ではないので、押しても大丈夫です。

f:id:London-airp:20180906225458p:plain

 

そうしたら次のような画面になります。送信方法の左から3つめ< >をクリックすると

「HTMLを埋め込む」と一緒に、html編集用のコードが出てきますのでこれをコピー。

(※幅や高さもこの場で調節できます。)

f:id:London-airp:20180906230023p:plain

ブログ記事編集ページの編集様式を「HTML編集」にして、コピーしたコードを貼り付ければ完成です。

出来栄えは編集様式を「見たまま」に変更して確認しましょう。

 

これが...、

f:id:London-airp:20180906231220p:plain

 

こうなります。

f:id:London-airp:20180906231257p:plain

 はてなProに加入しているなら、固定ページで作成してグローバルナビゲーション(トップページのヘッダ部分にあるメニューバー)にリンク先を貼っておくのがいいでしょう。→グローバルナビゲーションの設置

 

次の記事です。

www.taishoku-koumuin.com