三十路だけど公務員辞めてきた。

30歳にして市役所を退職した元公務員のブログ。主に役所の裏側や退職について。

【公務員退職後】任意継続保険の振り込み依頼書が送付されてきた。

任意継続保険とは?

f:id:London-airp:20181104203221j:plain

 退職するとそれまで病院で使用していた健康保険証は職場に返却する必要があります。公務員の利点の1つとして全国健康保険協会に加入出来ることがありますが...、退職後は国民健康保険料を支払うか、健康保険任意継続の保険掛け金を支払う必要があります。無職でもお金は掛かるんですよ。

 通知では、今月中旬ごろまでに9月分の掛け金を納付し、翌月分の掛け金は前の月の末日までに支払うようにとありました。つまり今月は9月分と翌月(10月)分を納めておく必要があります

必要な保険料を退職前に事前に計算しておく

 私は退職前に以下のリンク先のサイトで国保、任意継続それぞれの場合の掛け金を計算しておきました。シミュレーションの結果は任意継続の掛け金が27,000円以上と、実際の金額と大体合っていましたね。

国民健康保険料と任意継続保険料を計算シミュレーション!退職時の保険を比較しよう!

 道府県と市町村を選択し、本人や世帯の給与・所得退職時の年齢退職時の標準報酬月額(給料明細を参照)を入力すれば、国保と任意継続それぞれの場合の掛け金が計算して導き出されます。

 私の場合は計算上はどちらの金額も同じ程度だったのですが、何か間違いがあり本当は国保が異常に高かったとしたら怖いため任意継続を選択しました。意継続は最長で2年間継続できます

f:id:London-airp:20181104203750p:plain

(出典:全国健康保険協会 協会けんぽ)

 

 それにしても、私の場合は月額25,928円を納付する義務があるため、9月から10月、11月…3月の7ヶ月間支払い続けると、本年度が終わるまでに181,440円支払う必要があります。決して小さくはない金額です。

任意継続の決まりごとは公式サイトで確認を

 おそらくほとんどの公務員がお世話になっている全国健康保険協会ですが、退職後もこのようにお世話になることはあります。民間企業に勤めていらっしゃる方の中にも、加入されている方は多くいるでしょう。

 退職の手続きをするときは人事担当の方の説明を聞くことも勿論ですが、自分で調べられることは先手を打って調べておくべきです。⇒ 全国健康保険協会

 細かい計算や調べられることを予めサイトで見ておくと、判断がすみやかに行えます。

f:id:London-airp:20181104203832p:plain

(出典:全国健康保険協会 協会けんぽ)

 

f:id:London-airp:20181104203848p:plain

 (出典:全国健康保険協会 協会けんぽ)

 

 

確定申告については払った分だけ控除対象になる。

 任意継続保険料の納付書は来年3月分まで来ます。すぐに次の就職先が決まっている訳でないのなら、忘れないように予め払っておくのもいいでしょう。

 年内に払った分は、たとえ翌年分(1月~3月)でもその年の所得税の控除対象になります。次年度の所得が大幅に下がりそう...、かつ次の仕事もすぐには決まらない...という場合のために覚えておくといいかも知れません。

 また、任意継続保険料を支払った際の領収書は大切に保管しておきましょう。税務署で確定申告を行う際に証明書類を提出する必要まではありませんが、確認のために掲示を求められることもあります。

納付いただいた任意継続保険料の証明について | 都道府県支部 | 全国健康保険協会

No.1130 社会保険料控除|国税庁